忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

料理嫌いだった私が毎日自炊するようになったワケ。

「料理しない、料理嫌い」
「こんなでお嫁に行けるのか心配…」
実家暮らしの友人からけっこう聞く話です。
私もずっと実家のお世話になっていたので同じことを思ったり家族に散々言われていました。

極度の料理嫌いだった私ですが、今では普通に帰宅できる日はほぼ毎日ご飯作ってたりします。
どうして?なんで?そういえばこんなことあったなぁ…ということで、同じく料理嫌いで不安に思ってる方に読んでもらえたらなぁと思います。

■料理嫌いのワケ

私の場合、
①母の家庭料理・父の創作料理・弟のパン作り(今ではパン職人)…と家庭内の料理人口が多い
(出番がない)
②兄弟で1人女の子だったので、幼い頃から嫌々手伝わされることが多かったのがトラウマ
(ゴールデンタイムにアニメ見れないのが本当に嫌だった!)
③作っても比較・批評されるのが嫌!
などの理由です。

料理スキルとしては唯一、家族の誰も作らないお菓子作りだけたまにやる程度。
お菓子は外に持ってきやすいし、喜んでもらえる人が多いですから。

■料理上手な友人からアドバイスをもらう

とはいえ、ここまで料理嫌いだと将来的に心配!
と、当時ひとり暮らしにも関わらず、毎日何品も食卓におかずが並ぶ料理上手な友人に相談してみました。

もらったアドバイスはふたつ。

ひとつ目は
「作り置きおかず(常備菜)を作っておく」
日持ちするメニューで一品プラスするだけで食卓がちょっと充実する!

ふたつ目は
「くいしんぼうなら大丈夫
彼女も上京仕立ての頃はほとんど料理しなかったと言う話にびっくり。
食に興味があればそのうち作り出すから平気だよ、とのこと。

しかしほんとのところ、ふたつめは言われた当時全然ピンときませんでした。

■実家を出たら、美味しいご飯が恋しくなった

そんな私もいい年になり、いよいよ実家を出ることに。
同居人には「レンジ調理メインで。そんなに料理はしない」と宣言していました。

平日は仕事もあるので実際簡単なサラダの用意にスーパーなどの惣菜を付ける…のようなメニューが多かったのですが、程なくして
「飽きた」…!!(笑)

単純に飽きたのもあるけど、実は
「美味しく感じなかった」が正解かも?

実家のご飯とは違うんですよね。
味が濃すぎたり、油が多いのも気になる。
だんだんと、「食べたいと思うご飯は自分で作らないと食べれない」ということに気づきました。

「美味しいご飯が食べたい!」
その一念で徐々に肉やら魚やら料理する機会が増えてきました。
あら、友人の言ったとおり…!!

■家族のことを考えるようになると料理するの、かも?

結婚して「子供が欲しい!」となったとき、これまで以上に食生活の大切さに気づきました。
自分自身はもちろん、パートナーもちゃんとしたものバランスよく食べてもらわね…!と考え出したら、多少材料も安全なものに・できるだけ手作りで…と帰宅が遅くなければほぼ毎日台所に立つように自然となりました。
とはいえ、通勤に2時間弱かかる身なので専らcookpad様の時短メニューですが(笑)

先日は冨士田かおり先生のだし巻き卵レッスンに参加してきました~。
楽しく美味しくぷわっぷわのだし巻き卵作ってきました♪
まさか料理教室に行こうと思うなんて、昔の私じゃ考えもしないだろうなぁ。

おいしいもの食べたい・食べさせてあげたいと思う環境や心境の変化、あとはやっぱりアドバイスにあった「くいしんぼうである」ことがポイントみたい?

食べることは生きること!料理無理~と思ってるアナタも、食い意地張ってりゃなんとかなるっ( ・`ω・´)ノ

だし巻き卵
特製お出汁で美味しいだし巻き卵♪只今練習中!

-----------------------------------------------

■こだまあいのtwitter
https://twitter.com/miyamo0516

■facebookページ
https://www.facebook.com/kodamaai

■デザインのお問い合わせ先
utatane05@gmail.com

-----------------------------------------------
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
こだま あい
性別:
女性
職業:
webデザイナー
趣味:
イラスト・カフェめぐり
自己紹介:
広島県出身、神奈川県横須賀市在住。
お茶やお菓子が大好き、カフェめぐりが趣味のwebデザイナー。
専門学校でイラストやデザインを学び、モバイルグラフィッカー→web制作会社のデザイナー→化粧品会社の広報→webデザイナーと10年以上制作の仕事に携わっている。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

デザインのご依頼・お問い合わせはこちら
»お問い合わせ